大学病院のことを一般的に医局と言いますが、最終目標は教授になること。
つまり民間病院とは組織も雰囲気も全く異なります。
また、キャリアや将来性、さらには年収といった観点からも思い描いていた世界と違った、という話を耳にすることも。
そのため、退局を希望する医師も少なくはないのです。

そこで医局を辞めたいと考えている医師のみなさんにご紹介したいのが、「他に医局を辞める医師辞めるにあたって一番多い理由」。
上記のとおり、退局は一筋縄ではいきません。
結論から言うと、”本音を言うべからず”、理由については「一身上の都合」ということを押し通すべきです。
そして、その理由こそが”医局を辞める医師の理由”で最も多いものになります。

医局は最低でも辞めるのに一年はかかると言われており、辞めたい本音を赤裸々に公表することで待遇改善を提示されるといった、かえって逆パターンになるケース、そして辞める理由によっては転職が不利になるというケースも報告がありました。
あくまでも「自分自身のこと」ということを前面に押し出し、本音は言わないようにしてください。

Comments are closed.